**コミュニティ「癒しの郷」を創ろう**

メールマガジンバックナンバー集

最新号 292号 


お願い : 読みたい部分をクリックして下さい。その号数にとびます。
ご案内 : ところどころリンク出来ない号数があります。これは有料ページに入ると読めます。 

メールマガジン購読申込みの御案内

目 次

創刊号00.10.21)核家族という暮らし方は終わった
2号(00.10.26)世帯を拡大する方法
3号(00.10.31)世帯の拡大はコミュニティに向う
4号(00.11.05)危機感がコミュニティを求めている
5号(00.11.10)「癒しの郷」概略プラン
6号(00.11.15)共同体の各種スタイル
7号(00.11.20)「癒しの郷」建設目的
8号(00.11.25)「癒しの郷」建設場所
9号(00.11.30)「癒しの郷」着工の手順
10号(00.12.05)「癒しの郷」着工の手順

11号(00.12.15)「癒しの郷」の経済と秩序・負担金と共有財産について
12号(00.12.20)「癒しの郷」の経済と秩序・負担金と共有財産
13号(00.12.25)「癒しの郷」の経済と秩序・共有財産を散逸させない方法
14号(00.12.30)お知らせ
15号(01.01.05)「癒しの郷」の生活費と仕事(事業)・計算をきちんとした移住
16号(01.01.15)「癒しの郷」の生活と仕事・食の自給
17号(01.01.25)現実的方法論・地方の生活費
18号(01.02.05)現実的方法論・単身移住者の生活費計算例・「癒しの郷」での生活費
19号(01.02.15)計算をしない移住
20号(01.02.25)「癒しの郷」の理想の暮らし方

21号(01.03.05)「癒しの郷」の理想の暮らし方
22号(01.03.15)共同体での育児・教育
増刊1号(01.03.20)コミュニティ社会がやってくる
増刊2号(01.03.21)形態共鳴
増刊3号(01.03.22)プラウト
23号(01.03.25)「癒しの郷」の暮らし・お墓のこと
増刊4号(01.03.30)エコビレッジ・アット・イサカ
24号(01.04.05)「癒しの郷」準備人の役割・イサカの補足
25号(01.04.15)自然観・宗教観・宇宙観
26号(01.04.25)準備人の思想観、プロフィール
27号(01.05.05)準備人のプロフィール・農の体験
28号(01.05.15)住の体験
29号(01.05.25)「工芸村」構想
30号(01.06.05)準備人の30代・40代のこと

31号(01.06.15)共同体社会を作るのは簡単・資本主義体制の崩壊時期
32号(01.06.25)減価していくお金
33号(01.07.05)資本主義体制が崩壊したらどうなるか
34号(01.07.15)物物交換経済の必要性・分業経済の問題
35号(01.07.25)物物交換経済が共同体社会を作る
36号(01.08.05)シャルル・フーリエ伝
37号(01.08.15)「癒しの郷」は神界と現界との中間の世界をデザインしている
38号(01.08.16)三次元世界に神界(地上天国)を作る方法
39号(01.08.17)「癒しの郷」は大きな流れの中のひとつ
40号(01.08.25)コミュニティ国家に向う

41号(01.09.05)「るいネット」の紹介・発行済メルマガの要約
42号(01.09.15)ニューヨークのテロとアメリカ経済の崩壊
43号(01.09.25)「癒しの郷」の土地(スペース)について(1) 規模と必要な土地面積
44号(01.10.05)「癒しの郷」の土地(スペース)について(2) 住宅はコハウジング方式
45号(01.10.15)「癒しの郷」の土地(スペース)について(3)
46号(01.10.25)市場物件を買う方法
47号(01.11.05)土地購入資金の調達方法 株式会社方式
48号(01.11.15)株式会社方式の補足 法人化についてのまとめ
49号(01.11.25)コミュニティ設立のサポート機関について
50号(01.12.05)コミュニティ(共同体)モデルの必要性

51号(01.12.15)「癒しの郷」賛同者一万人プラン・賛同者を集めて行く仕組 ポータルサイト案
52号(01.12.25)コミュニティ(共同体)生活への一つの入り方 リストラと私設セーフティネット
53号(02.01.05)「共同体ライフ」(仮称)サイト・なぜコミュニティなのか 小さな自給社会に向けて
54号(02.01.15)なぜコミュニティなのか。小さな自給社会に向けて
55号(02.01.25)五感を機能させるためには
56号(02.02.05)呼込みサイトを作る話が続いています
57号(02.02.06)カオスは救いである
58号(02.02.15)将来は「小さな自給社会」の連合社会になる
59号(02.02.25)将来は「小さな自給社会」の連合社会になる
60号(02.03.05)将来は「小さな自給社会」になる

61号(02.03.15)共同体へは意識の目覚めが導いてくれる
62号(02.03.25)集団(集合)意識について
63号(02.04.05)啓示・預言にみる共同体の未来
64号(02.04.15)人類的意識の目覚めについて
65号(02.04.25)人類的意識の目覚めについて
66号(02.05.05)新しい世の仕組を日本が世界に示す
67号(02.05.15)人類は2つに分かれる
68号(02.05.25)今起きていることをそのまま受け入れる
69号(02.06.05)摂理と人為の両極にいる人を一つの共同体には入れられない
70号(02.06.15)同じ場所にいても意識が違えば現実が違う 新しい世界は周波数の違う世界

71号(02.06.25)新しい世界は周波数の違う世界
72号(02.07.05)地球を壊さない生き方の追求
73号(02.07.15)コミュニティの意識の方向性について
74号(02.07.25)日本人の自給能力と共同体システム
75号(02.08.05)農山村と都市に生活基盤を置くシステム
76号(02.08.15)都市に生活基盤を作る方法
77号(02.08.25)都市で事業を始める方法
78号(02.09.05)都市で事業を始める方法
79号(02.09.15)農山村に生活基盤を作る方法
80号(02.09.25)農山村の今の経済 農山村に生活基盤を作る方法

81号(02.10.05)NPO設立趣旨書案
82号(02.10.15)農山村の土地は無償で手に入る?
83号(02.10.25)宅地と農地がセットで手に入る?
84号(02.11.05)自治体が手に入る?
85号(02.11.15)自治体が手に入る?
86号(02.11.25)サーカーの予言 
87号(02.12.05)ハイパーインフレ
88号(02.12.15)「癒しの郷」スケジュール
89号(02.12.25)自治体へのアクション
90号(03.01.05)理想コミュニティの基本設計(ヴィジョンを受け入れれば良い)

91号(03.01.15)理想コミュニティの基本設計(知識は必要ない) 
92号(03.01.25)理想コミュニティの基本設計(続・知識は必要ない) 
93号(03.02.05)理想コミュニティの基本設計(グループを作る理由) 
94号(03.02.15)理想コミュニティの基本設計(労働もお金も必要ない) 
95号(03.02.25)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム1)
96号(03.03.05)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム2)
97号(03.03.15)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム3)
98号(03.03.25)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム4)
99号(03.04.05)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム5)
100号(03.04.15)ちょっと一息・雑談

101号(03.04.25)雑談・じゃがいも
102号(03.05.05)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム6)
103号(03.05.15)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム7) 
104号(03.05.25)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム8)
105号(03.06.05)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム9)
106号(03.06.15)理想コミュニティの基本設計(摂理会計システム10) 
107号(03.06.25)原理で作ったシステムが破綻する原理
108号(03.07.05)頭脳の作り出したシステムが破綻する原理
109号(03.07.15)番外編・近況報告
110号(03.07.25)番外編・経済が正常になると国家財政は破綻する

111号(03.08.05)新サイト開設のお知らせ
112号(03.08.15)ビジネスプラン応募原稿
113号(03.08.25)新サイト用シリーズの一部〜共同体とのかかわりあい〜
114号(03.09.05)新サイト用シリーズの一部続き 現実の作られ方(1)
115号(03.09.15)新サイト用シリーズの一部続き 現実の作られ方(2)
116号(03.09.25)「癒しの郷」ハードシステム実験計画
117号(03.10.05)新サイト用シリーズの一部続き 現実の作られ方(3)
118号(03.10.15)「地域存続のための共同事業提案」からの抜粋
119号(03.10.25)国家財政破綻その時の対応策案抜粋
120号(03.11.05)心(意識)の傾向性をどのようにして合わせるか

121号(03.11.15)鴨川自然王国のこと
122号(03.11.25)摂理経済に帰ることが本当の目的
123号(03.12.05)有料ページ開設、ヨハネの黙示録
124号(03.12.15)提案 簡易移住システムの確立と学習
125号(03.12.25)預言とポールシフト(地軸の移動)
126号(04.01.05)コミュニティ参加資金と住宅のこと
127号(04.01.15)発起人と発起人グループの仕事、役割
128号(04.01.25)コミュニティ生活を支える現金収入の方法
129号(04.02.05)家族を単位とした自給型の生活
130号(04.02.15)グループを単位とした自給型の生活

131号(04.02.25)「アーミッシュ」の生き方 1
132号(04.03.05)「アーミッシュ」の生き方 2
133号(04.03.15)「アーミッシュ」の生き方 3
134号(04.03.25)「アーミッシュ」の生き方 4
135号(04.04.05)「アーミッシュ」の生き方 5
136号(04.04.15)「アーミッシュ」の生き方 6
137号(04.04.25)共同体意識にシフトしていくには
138号(04.05.05)「アーミッシュ」の生き方 7
139号(04.05.15)私のマスメディア体験と今後の対策
140号(04.05.25)「アーミッシュ」の生き方 8

141号(04.06.05)「アーミッシュ」の生き方 9
142号(04.06.15)「アーミッシュ」の生き方 10
143号(04.06.25)今後数年のうちに見られる現象
144号(04.07.05)インフレ(物価上昇)の原理
145号(04.07.15)いつ大きなインフレが発生しても不思議でない
146号(04.07.25)政府が大きな借金をすると大インフレか国家破産になる
147号(04.08.05)インフレは貸借の精算にすぎない
148号(04.08.15)年金社会は成立しない
149号(04.08.25)有料サイトの事
150号(04.09.05)長期金利が上昇すると国家財政が破綻する

151号(04.09.15)せまりくるインフレ
152号(04.09.25)中山間地域の小さな社会の経済
153号(04.10.05)続・中山間地域の小さな社会の経済
154号(04.10.15)預言・啓示でみる経済の行方
155号(04.10.25)続・預言・啓示でみる経済の行方
156号(04.11.05)近況
157号(04.11.15)天変地異の中を共同体はくぐり抜ける
158号(04.11.25)宇宙は「唯心の所現」であった
159号(04.12.05)提案書送付の目的
160号(04.12.15)日常生活も因果律を踏まないのが本来

161号(04.12.25)現象は意識への産物であった(量子力学の結論)
162号(05.01.05)日常生活も因果律を踏まないのが本来(量子力学の結論)
163号(05.01.15)意識、思考、イメージ、感情
164号(05.01.25)人間は思考をもらっている
165号(05.02.05)想念帯は7.8ヘルツで振動している
166号(05.02.15)ニュース
167号(05.02.25)「癒しの郷」建設計画概要
168号(05.03.05)国家という秩序
169号(05.03.15)「実行計画」総事業費と一人当りの負担額(試算)
170号(05.03.25)古い世界が消えている

171号(05.04.05)ハイパーインフレが始まったら「癒しの郷」は創れない
172号(05.04.15)「癒しの郷」計画は順調に進んでいる
173号(05.04.25)情報物件を買う方法
174号(05.05.05)「癒しの郷」手順
175号(05.05.15)中国が今の経済モデルに終止符を打つ
176号(05.05.25)価値観の大転換
177号(05.06.05)「癒しの郷」物件案内、出資依頼
177号補足     疑問質問
178号(05.06.15)出資のこと
178号補足     皆様の出資金を会社はどう処理するのか。
179号(05.06.25)精神世界の説く物理学
180号(05.07.05)現実は走り回らなくてもやってくる

181号(05.07.15)祝・リアル「癒しの郷」
182号(05.07.25)共同が成立する条件
183号(05.08.05)共同が成立する条件
184号(05.08.15)共同が成立する条件の行き着く先
185号(05.08.25)生活法人について
186号(05.09.05)水の枯渇
187号(05.09.15)朝刊の連載小説
188号(05.09.25)朝刊の連載小説・続
189号(05.10.05)朝刊の連載小説・続 家族考
190号(05.10.15)朝刊の連載小説・続々

191号(05.10.25)精神と肉体、ソフトとハード
192号(05.11.05)出資の公平が豊さ、快適さを作る(1)
193号(05.11.15)出資の公平が豊さ、快適さを作る(2)
194号(05.11.25)マイナス出資
195号(05.12.05)本の紹介
196号(05.12.15)自我の性質からみたグローバル経済の在り方1
197号(05.12.25)60億人の共同体が破綻したとき
198号(06.01.05)少子高齢化の行く末
199号(06.02.05)共同の暮らしを作るために
200号(06.03.05)自我と価値観

201号(06.04.05)自我とは何か
202号(06.05.05)新しい共通の視点を作る
203号(06.06.05)共同の暮らしの全体像を思い続ける人が必要
204号(06.07.05)共同の生活の必然性
205号(06.08.05)ウーファーに依存しない自給型の生活
206号(06.09.05)人口減少期に起きる問題
207号(06.10.05)共同体は右脳を使って暮らす
208号(06.11.05)共通する部分を具体的に探し出す
209号(06.12.05)宇宙の原理
210号(07.01.05)日本のコミュニティ社会の未来

211号(07.02.05)魂との関係の修復
212号(07.03.05)頭脳記憶が消える時
213号(07.04.05)今、共同体を作る意味
214号(07.05.05)次元という概念
215号(07.06.05)地球が飛躍する中での安全な場所
216号(07.07.05)意識の変化の後に現実が変化する
217号(07.08.05)魂は3次元の思いを消去して次元上昇する
218号(07.09.05)大都市の解体が間近になった
219号(07.10.05)お金の力が無くなっていく
220号(07.11.05)都市が消えていく

221号(07.12.05)西洋人と日本人の生存観の違い
222号(08.01.05)08年から起きそうなこと
223号(08.01.15)人知で予測できない時代に突入
224号(08.02.05)西洋人は自分で家が建てられる
225号(08.03.05)社会構造は人々の意識レベルが選択する
226号(08.04.05)私たちの何が3次元世界を壊しているのか
227号(08.05.05)誰が人類の左脳を目覚めさせたのか 
228号(08.06.05)これからの食の考え方
229号(08.07.05)新しい世が始まりつつある
230号(08.08.05)文明が自ら崩壊するように祈るしかない

231号(08.09.05)現実の崩壊が肉体を救う
232号(08.10.05)私たちが舵を切る方向 
233号(08.11.05)啓示・予言の伝える世界
234号(08.12.05)これからの日本の変化
235号(09.01.05)09年以後の考え方、生き方
236号(09.02.05)グローバル経済の限界
237号(09.03.05)土地所有権の永久保全
238号(09.04.05)2010年、人々は資本主義を放棄
239号(09.05.05)09年から小峠に入る
240号(09.05.20)物質は共振によって関係性を持つ

241号(09.06.05)09年は良い年であり恐い年
242号(09.06.30)上々(神々)の計画
243号(09.07.16)都市からの脱出 1
244号(09.07.31)都市からの脱出 2
245号(09.08.05)避難場所について
246号(09.08.25)開拓村手記
247号(09.08.30)新しい文明の様式
248号(09.09.05)新しい暮らし方へ
249号(09.10.05)新しい暮らし・新しい文明の作り方
250号(09.11.05)小冊子抜粋紹介

251号(09.12.10)社会の変化に備えよう
252号(10.01.05)未知の領域には進めない
253号(10.0205)日本は農地も食糧も無くなる
254号(10.03.05)政府は食糧ヘッジをしてくれない
255号(10.04.05)天災は忘れた頃にやって来る
256号(10.0505)現象変化に思考が付いて行けなくなる
257号(10.0605)人間に突沸現象が起きる
258号(10.07.05)天変地異は三次元振動数の中の出来事
259号(10.08.05)集団覚醒について
260号(10.0905)人生の定型から外れた人の結末

261号(10.10.05)グループの中で融通しあう
262号(10.11.05)身寄りのない老人があちこちに
263号(10.12.05)新しい社会がうまれる
264号(11.01.05)無縁社会から脱出する方法
265号(11.02.05)左脳社会から降りる道を作る時
266号(11.03.05)覚醒には受入れ準備が必要
267号(11.03.12)臨時増刊
268号(11.04.05)地球のスケジュール
269号(11.04.21)地球物質がプラズマ化する時
270号(11.05.05)神々(上々)による自我意識解体計画

271号(11.05.29)「火の浄化」のメカニズム
272号(11.06.05)振動数の上昇にそえないものが瓦解していく
273号(11.06.26)東日本大震災だけで終わるとは思えない
274号(11.07.28)地球という惑星を知りたくて来た
275号(11.09.05)農業が地球を破壊している
276号(11.09.25)食の目的は何か
277号(11.10.05)食用ドングリのこと
278号(11.10.25)自給自立を実現するには自然の植生に沿うこと
279号(11.11.25)害悪垂れ流しの罪人にならないために
280号(11.12.20)採集園を作る

281号(12.01.05)2012年からの20年間
282号(12.02.22)地球の状態
283号(12.06.01)覚悟の時期に入っています
284号(12.12.25)地球と共生できる暮らし方
285号(13.01.15)わたしがやまおくにすんでいたころ
286号(13.01.25)すてきなあなたに〜よりぬき集〜
287号(13.04.25)地球を旅する技術
288号(13.05.05)中山間社会の密度では社会分業は成立しない
289号(13.11.25)自給空間を必要とする経済的な理由
290号(14.04.25)都市は地球破壊システム

291号(14.06.15)人口減少は思っているより早い
292号(14.07.25)中山間社会の結末
293号()
294号()
295号()
296号()
297号()
298号()
299号()
300号()


Copyright (C) 2003 kumonoito>