**コミュニティ「癒しの郷」を創ろう**   181号 2005.7/15

 「癒しの郷」第1号となる、記念すべき土地(1.8ヘクタール約5500坪)を無事購入することが出来ました。皆様の御協力、応援、ありがとうごさいました。
 この一ヶ月間、関係者の皆様には沢山の情報を発信し、送る私もさすがに疲れました。

 しかしもう土地は逃げないですから、少しペースを落として進みたいと思っています。
 それにしても大変なことをやってのけました。土地を買ったということではなく、ネットを活用して物件を紹介し、現金を振込んで頂き、株式を譲渡し、ネットで法人名義となった土地謄本を公開し、それで終わるという信用取引きをやってのけたことです。

 出資された方の中には、全くメールを交わしていない方も何人かいます。その中には海外にいる方もいますから、何年か後に「私はメンバーの○○です」と言って、ひょっこりやって来るのでしょうか。メルマガの古い号で(株式会社方式でコミュニティを作る方法に触れた時)、そんなことがあってもよいと書いたのですが、現実の話しになりました。これからの時代はこういう軽さで事が進んでいくのだろうと思います。

 物件情報を紹介したとき、居住権を希望する方から次ぎのような質問が来ました。許可を得ていますので、参考までに紹介したいと思います。
 この方の質問は、大変レベルが高いのですが、農家生まれの方ではありません。関東エリアのサラリーマン家庭に生まれた方ですが、地方に移住し農的生活(本人は「ノー天気的生活」と言っていますが)をされていた方です。質問への回答は、入力出来ていないのですが、質問だけでも参考になることが多いと思いますので、目を通して見て下さい。

質問メール転載はじめ

お忙しいところすみませんが
すこしお尋ねしたい事がありますので
宜しくお願い申し上げます。

御社におかれましては
精一杯の情報公開をして頂けたとは
思っておりますが

なにせ
現地を見ないで判断をしようとしている話ですので
その辺の所をお酌みとり頂きたく
宜しくお願い申し上げます。

失礼なお問い合せになるかも知れませんが
宜しくお願い申し上げます。

基本的には
近所付き合いは長靴と作業服で
お願いします。

<質問1>
お隣の牛やさん(酪農家)とは
上手くお付き合いを出来そうですか?
(臭いをも含めて)

酪農家は
農業の分野の中では
最大の金額を扱う部類ですので
その経営規模は相当大きいものです。
(少なくても3,000〜5,000万円/年 以上の経営規模かと思われます)

つまり、言い方を変えれば
最大規模の農業機械を一式所持しております。

それが どうした? と云う 話になるかも知れませんが
お隣の酪農家と上手くお付き合いが出来るかどうかが
後々、色々な面に影響してきますので・・・

それと
酪農家の経営方法に拠って
臭い程度は全然違いますので
その辺が判断出来ませんが
その辺の経営内容までの確認はしておりますか?

ここで言う
経営内容とは
有機農法、自然農法 等の感覚を持っての経営かどうか と云う
事です。

それによって
お付き合いが出来るかどうかの
一つの分かれ目になります。

<質問2>
今回
土地を購入する前の段階で
近隣の住民とは
どの程度コンタクトを取っておりますか?

また
その人達とは上手くお付き合いを出来そうですか?

今回
農地はありませんが
農業委員会の農業委員とか
地元の区長さんとか とは
コンタクトは取っておりますか?

コンタクトを取る時期は
購入前と
購入後とでは
うけが全く違うと思いますので・・・

<質問3>
今回
お集まり頂ける予定の人々の中には
投資目的 や ヤーさん関係の人はいますか?
(低俗な話ですみませんけど・・・)

<質問4>
生活感覚が違う人たちが集まると思いますが
年間の 「生活費/一軒」が
どの程度の人々ですか?

たとえば
立派な家を建て住んでいる人の脇に
掘っ建て小屋みたいな物を建てて
住んでいる人を許容出来る人々ですか?

<質問5>
今後の住宅建設資金の追加出資の可能性はありますか?

居住する人は
家は勝手?に建てても良いのですか?

<質問6>
今後の「癒しの郷の」運用の方法の検討には
遠距離の人々はどの様に参加が可能ですか?

Livedoorのスカイプ等で参加出来る可能性も検討して頂けますか?

公の立場の場合は
パソコンのOSはWindowsもあった方が
色々と便利かと思われますが・・・
(マックの使用シェアは10パーセント程度ですので。
 Windowsパソコンは¥29,800-以下で買えますので。)

<質問7>
今後
癒しの郷では
生椎茸の栽培は 個人的でも全体としてでも
何れでも良いですが 可能ですか?
(最低でも原木で3,000本程度)

<質問8>
私達夫婦がそちらに引っ越した場合に
就職の可能性はありそうですか?
(仕事は何でも良いですので)

生活(就職と住宅)が可能であれば
直ぐにでも夫婦で移住したい気持ちはありますので。

<質問9>
もし
近隣世帯と上手くお付き合いが出来ない場合は
エリアの拡大は不可能になりますが

その場合は
2ha弱の程度では
20〜50人の生活は
食料生産と居住空間の点で
相当狭く感じますが
その辺は大丈夫ですか?

都市部の人間の空間感覚と
農家の空間感覚は相当な開きがありますので。

<質問10>
水田の新規開田は可能ですか?

公にやるか
勝手にやるかは
色々と議論の分かれる所ですが・・・

<質問11>
今回
お集まり頂ける人に中に
プロの農業の経験者はおりますか?

もし
お出でになれば
どういう分野の農業で
慣行農業か有機農業かの別も
お聞き頂ければありがたく思います。

<質問12>
今回
お集まり頂ける人々は
傾向として
どの様な感じの人々でしょうか?

どうしても
お金を沢山 出資した人々が
好き勝手に運用する様では
先が重んじられますので・・・

労働出資の余地も残しておいて頂きたく思いますので。
(お金の無い者のひがみかも? (*^_^*) )

色々と
低俗な質問ですみませんが
よそモンが 農家とお付き合いをするのは
大変かと思われますので・・・

以上、宜しくお願い申し上げます。

質問メール転載終わり

・・・・内輪話ですみません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記質問はすべてクリアしているので、土地購入の運びになった訳ですが、出資して下さった方はほとんどの方が、質問も無く、お金を私達に委ねて下さったのです。こういう意識を持った方々のお陰で、リアル「癒しの郷」が誕生しました。今後の発展を見守って頂けたら、と思います。

**コミュニティ「癒しの郷」を創ろう**  181号 2005. 7/15